診療科・部門紹介

乳腺外科

当院の乳腺外科チームの特徴は「診断」から「治療」そして「治療後の生活」まで患者さんの生涯に渡り継続したサポートを行えることであります。乳腺外科チームは多職種の専門家により構成され、患者さんの個人のニーズに可能な限り対応していきます。

診療方針・特色

検査担当スタッフ
検査部門
乳腺の検査は主にマンモグラフィーと乳腺エコーを組み合わせて総合判定しますが、当院の検診マンモグラフィー撮影認定診療放射線技師は8名、乳腺(体表臓器)専門の超音波検査士は6名おり、主に女性技師が検査を担当しております。多くの技師がそれぞれの経験を共有することで、多彩な表現形を持つ乳腺疾患に柔軟に対応しております。乳がんの可能性が否定できない病変は細胞診や組織診を乳腺外科の医師が直接行います。
検査担当スタッフ
診断は国際細胞検査士の資格を持つ専門家と病理医が行っております。乳腺症や乳腺炎、線維腺腫などの良性疾患から乳がんまで幅広く対応可能です。ドックや乳がん検診の二次精査も積極的に行っております。しこりや乳房痛などの自覚症状がある方の精密検査も来院日の即日対応しておりますので、お気軽に受診下さい。

針生検とは >>
高濃度乳房とは >>
手術部門
手術部門
手術では術前に3D-MRmammmographyと造影CTを行うことで乳がんの拡がりの程度を精密に診断し切除範囲を決めます。さらに患者さん個々の乳房の大きさや乳腺濃度を考慮し手術方法を決定します。同じ切除量でも乳房の大きさや乳腺濃度により術後の整容性が大きく変わる場合があるからです(下図参照)。これら術前の評価により乳がんの根治性と乳房の整容性を高いレベルで調和できるように努力しております。

現在、当科では乳がんの7割以上の症例で乳房温存療法が選択されますが、乳房温存療法では根治性や整容性の担保が難しいと診断する場合は乳房切除を勧めます。乳房再建は保険適応となっており、当院では乳房切除時にティッシューエキスパンダーの挿入が可能です。インプラントへの置換と自家組織を用いた一次一期乳房再建は信頼のできる連携施設をご紹介いたします。

また術後に患肢の浮腫を合併する腋窩リンパ節郭清を避けるためにセンチネルリンパ節生検を行っています。当科では色素とラジオアイソトープの両方を用いるtwo mapping法というやり方で正確にセンチネルリンパ節の同定を行っています。リンパ節郭清を省略することにより術後のリハビリや漿液のドレナージがほぼ不要なため入院期間は8日から4日に短縮されました。
切除範囲
切除率
安全に管理された調剤室
抗がん剤治療
化学療法や内分泌療法に加え分子標的療法や新規抗がん剤の登場で発達し多彩になっています。最新の根拠に基づいた「乳癌診療ガイドライン」に準拠した治療を推奨しておりますが、患者さん個々の状況に応じて、相談して治療を行っていきます。
当院で行われる主な副作用対策
「手足のしびれ」に対しては日本人女性の乳がん患者さんで効果が示されているサージカルグローブテクニックを県内でも早期に導入して予防に努めております。グローブは当院にて用意いたしております。
「吐き気」はガイドラインに準じて数種類の制吐剤を予防投与することにより、従来より緩和されております。また、不安も吐き気を誘発することが知られております。患者さんの不安が少しでも軽減されるよう応対して参ります。
副作用対策
「好中球減少による発熱」は治療後1-2週間の間に起こる副作用ですが、発熱の頻度が高い治療やリスクの高い患者さんにはG-CSF製剤の予防投与を勧めております。発熱で悩む患者さんは少なくなり、安全に治療を行うことができるようになりました。
「血管痛」は薬剤が通った血管に沿っておこる炎症から生じる痛みです。対策の一つとして当院では中心静脈カテーテルポートの留置を行っております。採血も行うことができ治療中の苦痛の軽減にもなります。小型のポートをより安全で目立ちにくい上腕(二の腕)の内側に留置できますのでご希望の方はご相談ください。
放射線治療
乳房温存手術後やリンパ節転移が認められた乳房切除後の方に行います。局所再発の抑制効果だけでなく死亡率の低減効果も期待できます。放射線治療は当院では実施しておりませんが、適応のある方はご自宅から通いやすい近隣の専門施設をご紹介させていただき連携をとっております。主治医にご相談ください。

リハビリスタッフ
術後の生活
乳がん治療は内分泌療法など長期に及びます。手術や薬物療法の副作用による関節拘縮にはリハビリテーション科の専門スタッフのサポートが受けられます。代表的な副作用である骨粗しょう症の検査や治療も積極的に行います。定期的な画像検査は放射線専門診断医による精密なチェックを行っております。肥満と身体活動は乳癌の予後に関わる因子と言われます。当院では管理栄養士による食事指導を希望に応じて行うとともに、定期的な運動の提言を行っております。

川上診療所との連携と「ももはな会」
当院は稲毛区の川上診療所と連携しております。医師やアドバイザーなどのスタッフ間交流も行っております。川上診療所は全国的にも有数の乳がん検診の専門クリニックです。当院術後のフォローも行っていただけますので希望される方は主治医にご相談ください。
川上診療所 >>
ももはな会 >>

また川上診療所との協力で、患者さんと家族、友人、医療従事者が集う「ももはな会」が結成されました。乳がんに関する情報交換はもちろん充実したサバイバーシップを追求した活動が今後行われる予定です。
これらの取り組みは、乳がんに長期に向き合う患者さんが安心で前向きに生活できるように支援する目的で行っています。井上記念病院乳腺外科はこれからも患者さんによりそった乳がん診療を心掛けてまいります。
ももはな会
乳腺外科医師

椎名 伸充

■乳腺外科医長
■専門 乳腺外科
■医学博士、日本乳癌学会乳腺専門医、日本外科学会外科専門医、マンモグラフィー読影認定、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー責任医師、緩和ケア研修会修了
平成17年/弘前大学医学部医学科卒
平成19年/千葉大学臓器抑制外科入局
     社会保険船橋中央病院
     千葉県がんセンター
     成田赤十字病院
     国保匝瑳市民病院
     住友重機健保組合浦賀病院
平成23年/千葉大学医学部附属病院
     (乳腺甲状腺外科)
平成27年/千葉県がんセンター(乳腺外科)
平成28年/国保直営総合病院君津中央病院
平成29年/当院就職

榊原 雅裕

■乳腺外科非常勤 
■専門 乳腺外科
■医学博士 日本外科学会認定指導医、外科専門医、日本乳癌学会認定指導医、日本乳癌学会認定乳腺専門医、マンモグラフィー読影認定
平成6年 金沢大学卒
平成16年 千葉大学医学部附属病院乳腺外科 助教
平成29年 国際医療福祉大学 医学部講師

横溝 十誠

■乳腺外科非常勤
■専門 乳腺外科
■医学博士、日本乳癌学会認定乳腺専門医 
平成14年/千葉大学卒
平成24年/川上診療所 副院長

藤咲 薫

■乳腺外科非常勤
■専門 乳腺外科
■医学博士、日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定乳腺専門医、マンモグラフィー読影認定、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー責任医師
平成17年/秋田大学卒
平成23年/千葉大学医学部附属病院
平成27年/君津中央病院
平成28年/千葉県がんセンター
平成29年/横浜 平和病院 乳腺外科
乳腺外科スタッフ

安川 直美

■ピンクリボンアドバイザー 上級資格取得
■現 川上診療所勤務
手術実績(平成29年度)
術式
件数
乳腺悪性腫瘍手術
92件
乳腺腫瘍摘出術
26件
中心静脈ポート留置/その他
22件
合計
140件
乳腺外科担当医表