診療科・部門紹介

乳腺外科

受診をお考えの方へ
① 乳房のしこりや痛み、乳頭からの異常分泌などの症状がある方
  ドックや検診にて精査を勧められた方
当院6F「乳腺外科」にて診察を行います。当院への受診歴がない方は水曜日もしくは木曜日に来院してください。当院の受診歴があり、診察カードをお持ちの方はあらかじめ電話(043-245-8800)にて診察予約が可能です。その場合、月曜(AM)、水曜(PM)、木曜(AM・PM)、金曜(AM)に予約ができます。

② 他院からのご紹介状をお持ちの方
当院6F 「乳腺外科」にて診察を行います。紹介元診療所もしくはご本人様から電話(地域医療連携室:043-245-8939)にて診察予約を行って下さい。ご予約で来院して頂いた場合は、針生検などの精密検査を即日行うことができます。

③ 症状がなく検診を希望される方
当院3F「健康管理センター」にてマンモグラフィーと乳腺エコーによる検診を行うことができます。検査は主に平日の午後にご案内しております。予約は電話(健康管理センター直通:043-245-8811)にて承ります。千葉市の乳がん検診も行っておりますのでお申込み時にお伝えください。

受診の流れ
<Q&A>
Q.検査の準備はありますか。
A.特にありませんが、上下が分かれる更衣しやすい服装でお越しください。

Q.検査に注意点はありますか。
A.豊胸術などの既往のある方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方は検査前にお知らせください。

Q.針生検や細胞診などの精密検査はいつ行いますか。
A.可能な限り初診当日に行っております。特に他院からの紹介状をお持ちの方は事前に予約をお取りください。
診断
乳がん診断までの流れ
マンモグラフィーと乳腺エコーを組み合わせて総合判定致します。異常がない、または明らかに良性と判断される場合は1年毎の検診をお勧めしております。異常があるが症状や大きさや形状などから早急な判断を必要としない場合、およそ半年間の経過観察期間をおき、その変化を含めて判断することがあります。異常があり、乳がんを疑う場合、あるいは良性であることを確認する必要がある場合、針生検や細胞診を行います。
乳がんを見逃さないことは最も大事なことですが、患者さんに不要な心配や侵襲的な検査をできるだけ少なくする乳腺診療も心掛けております。
高濃度乳房
【高濃度乳房とは】
高濃度乳房の問題が取り上げられることが多くなってきたことに対応して、希望される方に乳腺濃度の通知を行っております。高濃度乳房とはマンモグラフィーにて乳腺と線維成分で構成される白い部分が濃く写る乳房の事で乳がんの発症率も高く、さらにマンモグラフィーによる乳がんの発見が困難になることが問題です。高濃度乳房が多い40歳代ではエコーを追加することでがんの発見率が上がると言われています。
国内製品(タスク社製)を採用
【針生検とは】
乳房腫瘍が良性腫瘍か乳がんであるかの確定診断に用いられます。また得られた検体の詳細な病理検査により乳がんの特性を調べることができ、乳がん治療の方針決定に必要です。精度が高い検査ですが、乳がんの可能性を否定できない良性判定となることもあり、その場合は厳重な経過観察か、もしくは摘出生検(手術)をお勧めすることになります。
実際には、乳房の一部に局所麻酔の注射を行い、その後皮膚に2-3㎜の切開を行います。次に約2mmの太さの生検針を挿入し腫瘍の一部を切り抜きます。一つの腫瘍に対し数か所生検を繰り返し、検査は終了です。およそ10分程度の検査です。検査後は血腫という血のかたまりが出来る可能性があるため当日の「飲酒」「運動」「入浴」は避けていただきます。検査後、皮下出血斑が見られますが、数週間後には消失します。
(針生検には確実性、安全性の高い国内製品(タスク社製)を採用)
確定診断
乳がん診断後の流れ
細胞診にて乳がん診断がなされた場合、針生検を行い確定診断と乳がんの特性を見ます。
採血、尿検査、心電図、肺活量、胸部レントゲンなどの基本的な身体検査を行います。
造影CT、骨シンチグラフィーにてリンパ節、肺、肝臓、骨などへの転移がないか確かめます。造影MRIにて乳房内の多発病変や乳管内への乳がんの進展を調べます。
特性
検査結果の説明について
針生検の結果説明では乳がんか良性腫瘍であったかの診断結果をお話しいたします。
針生検では以下の乳がんの特性が推測できます。手術後は乳がんの特性に応じた薬物療法が必要となります。

CT、MRIなどの結果説明では乳がんの拡がりや転移の有無などの状況を説明し、乳がんのステージングと手術方法について相談いたします。
ステージⅠもしくはⅡの患者さんはMRIにて乳がんの拡がりに問題なければ乳房温存手術が選択できます。放射線治療を併用した乳房温存手術は乳房切除と同等の生存率が得られます。
乳房温存手術が困難な場合は乳房切除を行いますが、乳房再建が保険適応となっており選択肢として考慮できます。当院では乳房切除の際に行うティッシューエキスパンダーの挿入が可能な施設として認定されております。(インプラントの挿入や遊離皮弁を用いた一次一期再建は連携する施設をご紹介させていただいております。)
薬物療法
術前の薬物療法について
乳がんの特性から抗がん剤治療が必要で、縮小すれば温存手術が見込まれる場合は手術前に約半年間の抗がん剤治療を先行する「術前化学療法」を行います。
乳がんの特性からホルモン治療が、必要で縮小すれば温存手術が見込まれる場合は手術前にホルモン療法を先行する「術前ホルモン療法」を行います。
薬物による縮小効果が得られても推奨する手術方法が変わらない場合や診断時点で十分に温存手術が可能である場合は手術を先行します。