診療科・部門紹介

内科専門外来

循環器

当院の循環器診療は、循環器全般を広く対象とし、高血圧症、不整脈、虚血性心疾患、弁膜症などの多岐にわたって診断、治療を外来・入院にて行っております。ただし、冠動脈造影検査を行っていないため、心筋梗塞などの虚血性心疾患の急性期は診断まで、急性期治療は近隣施設にお願いし、亜急性期から慢性期の管理治療を中心としています。

検査設備としては、心電図・負荷心電図(トレッドミル)・ホルター心電図・ABI/PWV・心エコー・頚動脈エコー・RI等を行っています。また、虚血性心疾患検出の非侵襲的検査としてRIによる負荷心筋シンチを行っています。

消化器

胃、大腸など消化管の疾患を中心に診療を行っています。 上部消化管は胃・十二指腸潰瘍、ポリープ、癌の早期発見早期治療を目指しています。ピロリ菌の検査や除菌療法も行っています。

上部消化管は、経鼻胃内視鏡も行っています。
下部消化管は、大腸ポリープの内視鏡治療も行っています。

血液

造血臓器悪性腫瘍(骨髄・リンパ組織に由来する、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など)や骨髄異形成症候群、各種の貧血や血小板減少等による出血性疾患などの診療にあたっています。
当院には、2名の血液疾患専門医が診療に当り、無菌室も3床稼動しています。

診療方針
科学的根拠や診療ガイドラインに基づいた標準的治療を行うことを基本方針としております。
なお、血液疾患全般に診療を行っておりますが、当院では造血幹細胞移植は行っていないため、移植が対応となる年齢層の造血器悪性腫瘍に関しては、移植可能な施設と連携をとり、治療を依頼しております。

糖尿病

糖尿病は非常に多い疾患で、現在もなお増加しています。病状も多様であり、血糖コントロールばかりでなく、血圧の管理や脂質異常症の管理など、きめこまやかな診療を行うことが重要です。

当院では医師のみでなく、看護師・管理栄養士・理学療法士などが、チーム医療として充実した診療を行っております。また、入院においても、医師・看護師・管理栄養士・理学療法士などによって構成される1週間の教育プログラムを実施しており、治療に役立たせています。これらの教育指導は、病診連携医にも公開され栄養指導のみ当院で行うなどということも可能です。

また、平成18年度より糖尿病患者会の「糖花会」が発足し、現在90名前後が会員登録されていて、活発な活動が行われております。

呼吸器

呼吸器は、下気道(気管、気管支)、肺およびその関連臓器疾患を幅広く取り扱っています。疾患としては肺癌、気管支喘息、肺気腫、間質性肺炎、呼吸器感染症、肺癌、睡眠時無呼吸症候群などの呼吸器疾患全般を対象に、救急から慢性期に至るまで診療を行っています。 検査に関して一般的な検査に加えて肺機能検査、マルチスライスCT、肺血流シンチ、ポリソムノグラフィーなど多岐にわたる検査で診断を行っています。

現在、増加傾向にある肺癌に関しては近隣病院と連携をしながら治療を行っています。睡眠時無呼吸症候群に関しては、外来での簡易検査から入院での精密検査(ポリソムノグラフィー)、そしてCPAP導入までの流れが出来ています。

肝臓

当科では主にB型肝炎、C型肝炎、アルコール性肝炎、脂肪肝、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝炎、急性肝炎などの診療が中心です。また肝臓癌の治療や手術は、主に千葉大学附属病院、千葉県立がんセンター、国立千葉医療センターなどをご紹介させていただいております。

当院では常勤医のほかに、千葉大学附属病院の医師も週1度診察を行っております。肝機能異常を指摘されたことのある方は、症状がないからといって放置せず、肝臓外来を受診し医師の診察を受けましょう。

生活習慣病

メタボリックシンドローム・肥満症・糖尿病・高脂血症・高血圧症・高尿酸血症・睡眠時無呼吸症候群等、生活習慣が原因で引き起こされると考えられる疾患全てについて診療いたします。

運動指導にも力を入れており、医師が発行した運動処方箋をもとに屋上に常設されている運動施設にて専門の運動指導士から安全で効果的な運動指導を受ける事が出来ます。健診でメタボリックシンドロームを指摘された方、内服薬開始の前にまず生活習慣を見直してみたい方、是非当院の生活習慣病外来を受診されることをお勧めいたします。

神経内科

神経内科では、主に頭痛、めまい、しびれ、歩けない、手足に力が入らない、物忘れがあるなどの症状や、脳梗塞、認知症、頭痛、パーキンソン病、てんかん等の疾患について治療を行っています。 頭部CT、頭部MRIなどにょる検査を行い、薬物療法等、症状に合わせた治療を行っています。