人間ドック・健康診断

理念と基本方針

病院理念

【人に尽くし、研鑽を積み、信頼と喜びを明日へ】

基本方針

【健康寿命を延ばすために、予防医学から積極的健康づくりへ】

1.医の倫理に基づき、受診者の皆様に誠意を持って、最善の健康診査を行います。
2.最新の医学知識と高度な医療技術の習得のため、日々の研修・研鑚に励み、質の高い健康診査を行います。
3.安全管理を徹底し、皆様が安心できる健康診査を行います。
4.地域医療機関・企業との連携を密にし、皆様のご期待に応える医療体制を整備するなかで、健康診査を位置づけます。
5.生活習慣病の蔓延に対し、皆様にわかり易い指導のできる予防医学を推進いたします。
6.多様化するご要望に合うような豊富な健診内容の充実を目指します。
7.常に快適な環境、充実したサービスのもと、落ち着いた気持ちで受診していただきます。
8.受診者の皆様の意思と権利を尊重し、医療内容の十分な説明と患者様の同意に基づいた健康診査を行います。
9.医療人として、全職員が皆様の信頼をいただき、患者様共々喜びを分かち合えるように社会に奉仕してまいります。

受診者権利憲章

【井上記念病院健康管理センターは、受診者の皆様を尊重し、お互いの信頼関係の含め、より良い健康診査を行うことを目的に、「受診者権利憲章」を定めいます。これは、「患者権利憲章」を基本としています。】

1. 良質の医療を受ける権利
適切で良質な健康診査を受ける権利があります。
2. 自己決定の権利
十分な説明と医療情報を受けた上で、医療職との相互関係で行う健康増進などを自らの意思で選択する権利があります。
3. 診療情報に関する権利
自己の健康状態について十分な医療情報を得る権利があります。
4. 機密保持を得る権利
健康状態、症状、診断、治療方針等の個人情報について、機密を保持される権利があり、また私的なことに干渉されない権利があります。
5. 尊厳を得る権利
人格、価値観などが尊重され、いかなる状態にあっても尊厳をもって終末期を迎えるために可能な限りの支援を受ける権利があります。


以上の受診者の皆様の権利を守り、公正な医療を実現するためには、受診者の皆様と我々医療従事者が、各々主体的な協力関係を持つことが必要です。この協力関係の下に健康診査を進めていることをご理解ください。